2016年11月28日

業界への挑戦状

先日この業界の首領であるNAKAO☆さんが【よっちゃん】と呼ばれる鉄砲玉に深手を負わされたらしい。

NAKAO☆さんに深手を負わせ、その後逃走を図ったよっちゃんは長野の若頭 麻呂さんがきっちり仕留めたらしいが鉄砲玉はまだ潜んでいるかもしれない。

ならば末端構成員である自分も参戦しないわけにはいかない。

なんせこの業界舐められたら終わりである!


・・・
・・・・・
・・・・・・・

・・・って事で噂の物を買ってみましたw

IMG_1166.JPG

あまりにも悪評が目立って逆に興味が出てきたという代物w
一応保険をかけてどん兵衛も買っておく用意周到さも忘れない!なんせあの首領をもってして「二口目にいけない」と言わしめた一品なのだから。


お湯を切ってソースを絡ませると

IMG_1171.JPG

( ^ω^)・・・

あれ?俺ってナポリタン買ったんだっけか?
それともあれか?新手のベビースターラーメンかこれ?w

この絵面を見てガンズ・アンド・ローゼズのザ・スパゲティ・インシデント?のジャケ写を思い出したのは自分だけだろうか?w
( ゚д゚)ハッ!まさか彼らは20年以上も前にすでに独自によっちゃんイカ焼きそばを開発してたんじゃねーのか実は!www


更になんか粉末投入〜!(ドバッとな)

IMG_1172.JPG

ますます色がおかしなことになった(´Д`;)
この時点で漂う匂いが酸っぱいw

ここまで来たらもう殺るか殺られるかだ!
迷わず行けよ!逝けば解るさぁぁぁーーーっ!!!!


パクリ

・・・
・・・・・
・・・・・・・


・・・
・・・・・
・・・・・・・

( ^ω^)・・・アレ?
普通に食えるんじゃね?これ

美味くはないが不味くもない
もう一回食べたいかと問われたなら即答でNO!と返すが食えない程ではない

実は作る前に風呂に入り身を清め、よっちゃんイカ焼きそばの前で精神統一をしたりしていたのだが無駄だったようだw

IMG_1174.JPG

完食できちゃいましたよ奥さん!w

締めの祝杯はコイツであげようじゃないの!

01f52ec83199864530a88420af00ae7b4f20e56ca0.jpg


乾杯(*´ω`)o∪∪o(´ω`*)

✽聖水は去年の今頃に買ったもので今回は飲んでいませんのであしからずw
posted by いとまー at 20:40| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

SEVEN PICTURES 3 「Existence」を聴くべし!

どうもいとまーです。
ギター仲間であり、日頃から色々とお世話になっているNAKAO☆さんが5年と10ヶ月ぶりにnewアルバムをリリースした!

ココから購入ページへ行けるぞ!

NAKAO☆さんのブログはこちら


SEVEN PICTURES 3 「Existence」のテーマはハード&メロディアス!
ギター弾いてる人やギターインスト好きな方は勿論のこと、ギターインストって何だろ?って方にこそ是非聴いてほしい!!
Rockは好きだけど普段は歌モノしか聴かないって人にも、息をするのが当たり前のように受け入れてもらえるんじゃないかと思う。それくらいNAKAO☆さんの奏でるメロディは美しく聴き易い!

また他人は伝わりにくい独特な表現をしてしまうが1曲目のExistenceが流れてきた瞬間に耳が悦ぶのがわかった。
振りまくった炭酸水をこぼして床に泡をシュワシュワさせながら広がっていくような感じといえばしっくりくるだろうか?ギターの音が気持ちよく鼓膜を刺激して通り過ぎて行くのよね。
再生時間3秒でNAKAO☆ワールドに引き込まれましたよ自分は(笑)
Existenceって『存在』って意味らしく、それを知った自分はなるほどな!と妙に納得した。

2曲目のWonder Dreamerは何から書けばいいのだろうか(笑)
NAKAO☆さん自身のブログで語られている制作秘話を読んでいただくと分かる通り、恐れ多くも自分が関わっているらしいΣ(´д`ノ)ノ
これほど嬉しく光栄なことなんてそうそうないですよ!嬉しさのあまりベッドにダイブしましたからね自分(笑)
最初のブライトなギターの音は自分が今現在出したい音だし、始まり方がすでにツボに入っている!
オブリガード(っていうのかな?間違ってるかもしれない)が毎度違うところなんかは自分が敬愛するギタリストのピート・レスペランスを彷彿させる。
本当にね自分の好みをどこまで丸裸にされてるんですか?って小一時間問いつめたいくらい大好きな曲ですよ。えぇ(笑)

3曲目のWindy Hil この曲もすごく好きなのよ!
タイトルを見て、曲を聴いた時に先日撮った写真を思い浮かべた。

IMG_1115.JPG

この曲の清々しく気持ちの良いメロディがばっちり合ってるんじゃないかと個人的に勝手に思っている。
現在、車でドライブする時の一番のお気に入りの曲である!

4曲目のSuspicionは1〜3曲目までとはうって変わってアダルトでダンディな香りがプンプンする名曲!
この曲を聴くと理想の男性像を何故か思い浮かべてしまう。なんでだろう?(笑)
自分にはない格好良さや色気なんかをこの曲から感じ取ってしまうからかもしれない。
聴けば聴くほど好きになっていく。そして酒が美味いw

5曲目のClockwork Destiny これはヤバい!
アルバムの中でも核となる正にキラーチューンと呼ぶべきナンバー!
weekend driveとかLong Hard Road、Super Greatと過去にいくつもの名曲を生み出してきたNAKAO☆さんだが、Clockwork Destinyはそれらの名曲たちを文字通り過去にしてしまうくらいのインパクトがある!
どうやったらこんなに凄い曲が生まれてくるのか真剣に悩むw

6曲目のWasteland Express
解説を見て驚いたんだけどイントロとリフ以外はアドリブなのこれ?
ものすごく時間を掛けて緻密に作りこまれているんじゃないかと勘違いするくらいアドリブとは到底思えないw
第三者として好き勝手に言わせてもらうとNAKAO☆さんと麻呂さんでジョージ・リンチ スイッチとリッチー・ブラックモア スイッチ対決とかしてもらいたいぞこれはw
River Townの時のような共演希望(*・ω・*)ワクワク

7曲目のNot Alone アルバム最後の曲はメロウなナンバーで締めくくられる
なんかねこの曲色々とずるい!wってのが自分の正直な感想。
夏祭りの写真を見て出来た曲らしいが祭りが終わってしまう哀愁感もありつつ、楽しかったことやいい思い出を引き出してくれるようなすごく温かみのある曲でほっこりする。

写真庫 139.JPG

写真は去年だったかな?約20年振りくらいに地元の駅に行く機会があってその時ホームを撮ったもの。
昔はここから色んなところに遊びに行ったっけとか隠れて煙草吸ったりとか、駅の中にある図書館でエロい本は置いてないか必死に探したなーとかそういうの思い出しちゃったw

Not AloneはSEVEN PICTURES 3というアルバムが終わってしまう哀愁感も感じながらも1〜6曲目で楽しませてもらった自分を思い返せるような本当に良い曲ですね。そういう意味でなんか色々とずるいw

このアルバムのお陰で以前から少しずつ勧めていたオリジナル曲作成のほうにもようやく動きが出せそうだ。
以前から断片的ではあるが温めていたメロディはあったもののコンセプトとか曲名とか全然見えてこなくってどうしようか悩んでいた。
が、SEVEN PICTURES 3を聴いてから曲名がポンっと浮かび上がりそこからあーしよう!こうしよう!とアイデアが色々と出てきた!打ち込みに超絶悪戦苦闘したり思いついたフレーズ自体弾けないので時間は恐ろしくかかるだろうが(汗)

本日はこの辺で!したっけ!!ノシ

posted by いとまー at 22:48| Comment(10) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

新しきを知り古きを知る

どうもいとまーです。今回は前回の宣言通りにこの何年かで変化してきた音楽のことなどを書いていこうかと思います。

んじゃ早速この2〜3年の中で最もハマっているであろうバンドを2つ紹介。





どうやらラウド系というものにハマっているようです。
特にベガスを初めて知った時は衝撃がでかかった。何じゃこのバンド!って思ったのも束の間で何回かミュージックビデオ観てたらどハマリしました(笑)
曲が終わる頃には出だしがどんなんだったか思い出せなくなるくらい展開が変わっていくのはこのバンド特有のものだと思うんだけど今までこういうバンドに出会った事はなかったし知らなかったのですごく新鮮だった。
それとミュージックビデオで派手に動いているけど、実際のliveでもこんな感じなので観ていて楽しいし気分が上がるのがいい!

ノイズメーカーは骨太なリズム隊に軽快な歌メロが乗っかって純粋にカッコイイ!
確か札幌から出てきたバンドなんだけど、北海道からこんなにイカしたバンドが出てきたことが嬉しくてたまらない!ちょっと前にメジャー1stフルアルバムを出したんだけどこれがまた良いのよ!!

と、まぁ・・・この2つのバンドが胸熱なんですが以前と変わらずPUNKもしっかり聴いてますよ。
ただNo Use for a Nameのトニー・スライ氏の訃報を皮切りにknotlamp、EGG BRAINの活動休止。SECRET 7 LINEのSHINJI氏の訃報など、好きなバンドからの残念なお知らせが続いたのでいまいちノリきれないというか燻ってます。

後は昨年日本メタル界の大御所である聖飢魔Uやanthemが30周年ってことでかなり活発に活動されていたのでかなり影響受けてCD聴いてました。それとBABYMETAL最高!!(*´∀`*)

で、こっから本題に入るんですが(やっとかよ!)
新しいバンドからベテランバンドまで色々と聴いていて自分の中に変化があったんですよね。

前の記事にも書いたと思うけどギターに興味を持ったのが17歳の時でRockに目覚めたのも同時期なんですよ。目覚めたばかりの頃は手当たり次第に色々なバンドに手を出してRockを学ぼうとするんですが、そこはバイトもしていない学生だったのであれもこれもとCDを買えるわけもなく当然取捨選択を強いられるわけです。

当時の自分はインペリテリ、ハロウィン、ガンマ・レイ、ミスター・ビッグ等が好きでした。
挙げたバンドからなんとなく好きな系統が浮かび上がりますよね。早弾きだったりツインギターだったり(笑)
今でもそうなんだけどテンポ速くて派手なのにメロディがスッと入ってくるのがすごく好きみたいです自分。

逆に最初ちょっと手を出して直ぐ聴かなくなったのがヴァン・ヘイレンやレッドツェッペリン等。
正直な話、全然良さが解らなくって「どこが良いんだ?こんなもん!」と当時思ってました。
いやー若いというか青さ全開ですね(苦笑)
変化があったというのはこの事で、当時は全然受け入れられなかった音楽が20年経てようやく良さが解るようになりました。
あ!でもヴァン・ヘイレンに関しては好きじゃなかった時はサミー・ヘイガー時代だったし、良さが解るようになったはデイヴィッド・リー・ロスの方なんだよなぁ・・・(´Д`;)

しかしながら10代の頃って本当に思考回路が偏って酷い偏見でものを見てたんだなぁと最近よく思います。それとめちゃくちゃ天邪鬼だった(笑)
あまりにも有名なバンドやらギタリストとか敢えて聴かないようにしてたもんなぁ・・・アホだな自分。
例を挙げるならば、バンドならメガデス(キコが加入後に出したアルバム)この間初めてまともに聴きましたし、ギタリストで挙げるならマイケル・シェンカーやザック・ワイルドとかでしょうか・・・。
恐ろしい程有名どころ避けまくってて未だ聴いたことないの多すぎるぞΣ(´д`ノ)ノ
少しずつでも潰していけたらいいなぁ・・・

そういや好きなギタリストっていうのか憧れや興味を惹かれる人ってのも昔とは大分変わってきたような気がするな・・・時間があったら今度はその辺をざっくりと書いてみようかな?

恥を晒しつつ本日はこの辺で
したっけ!ノシ


posted by いとまー at 21:21| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする