2017年04月17日

未知の領域へ飛び込め!

やぁ!お久しぶり( *・ω・)ノ
今日は久しぶりに、本当に久しぶりにギターに関する事を書こうと思うw

ギターを弾き始めるようになった時からずっと迷走していたであろうピック探しの旅がもしかしたら今回で終着したかもしれない?そんなお話。

この1年くらいはSCHECTER ULTEM 1.0ミリを使っていた。
0.73〜1.50ミリくらいまでの物を買って試しているうちに上記のものでいつの間にやら落ち着いていた感じだ。

自分は薄めのピックが好きだと思っていたし使いやすいとずっと思ってきた。
そして少し前にギター仲間であるカズさんがマスター8ジャパンのピックが使いやすいと話していたのを思い出してネットショッピングで物色している時に1つのピックのレビューが気になってそちらを購入してみた。

IMG_0620.JPG

chickenpicks これが今回購入したピックである!どうやらオランダのブランドらしい。

IMG_0626.JPG

左からSCHECTER ULTEM 1.0、chickenpicks light 2.2mm、chickenpicks regular 2.6mm、chickenpicks shredder 3.5mm

今まで1ミリのものを使っていたのに最大で3.5倍の厚さのものを買っちゃいましたw
耐久性・演奏性の評価がやたらと高かったので気になって気になって、夜も8時間くらいしか寝れない程でした(;´Д`A

正直なところ耐久性の部分に惹かれて買ったのが大きいですw
素材は熱硬化性樹脂というものを使用しているようで見た目は写真の通り真っ白。質感は駄菓子のヨーグレットをめちゃくちゃ硬くした感じと表現している人がいたが言い得て妙だなと思ったw

691000227.jpg

厚みの違いもあるだろうがシェクターの1ミリは力を入れるとグニッとしなるがコイツは指が痛くなるだけでしなる気配すらみせない。それくらい硬いw

グリップは後述するが全く滑らないわけではないがかなり良好だと思う。
ピックの大きさは写真が多めで申し訳ないが代表的なジムダンの亀ピックと比較してみました。

IMG_0628.JPG

IMG_0630.JPG

2.2ミリと2.6ミリの大きさは同じで亀ピックより少しだけ大きめで3.5ミリは逆に少しだけ小さいサイズになってます。

そして一番の不安要素である使い勝手!
自分は最初に未知の領域である2.6ミリを手にしてみたのですが、握って直ぐに全く違和感がないことに気付きました。違和感がないどころか逆に昔からこの厚さのものを使っていたかのようなしっくり感が指にありました。初めて手にする厚みのあるピックが妙に落ち着くんですよこれが!

そのまま少しクロマチックフレーズを弾いてみるとすごく弾きやすくこれまたビックリ。
1ミリと持ち替えながら試していて自分なりに2点程気づいた部分を挙げると、ピックのエッジ角度が秀逸でこれがこのピックの弾きやすさの肝になっているんだと思う。

IMG_0623.JPG

IMG_0622.JPG

ピッキングした時のアタック音が1ミリを使用していた時と明らかに違うのが解り、弦に対してスムーズにピックが当たっているなと自分は感じた。

もう1つはピックを持つ右手から変な力みが無くなった。
1ミリを持っていた時は指先に力が入ってしまい手首などの動きもぎこちなくなりがちだったが、2.6ミリだと厚みのお陰で軽く押さえるだけでしっかりとしたホールド力が得られる。
先述したグリップ力の話になるが素材の特性なのかはいまいち解らないが吸着性が結構あるので軽く握っていてもほとんど滑らない。逆に指先に力を入れたほうが滑るんじゃないかと思う。
(余談だが亀ピックを持ったら表面にサラダ油塗ってるんじゃないか?と思えるレベルでしたw)

軽く握れる。
たったそれだけの事で随分と手首の動きが楽に感じるようになった。特にオルタネイトピッキングした時にそれを実感しました。
教則本なんかで「リラックスして弾く」みたいな文章を読んだことがある(ような気がする)が、この事か!!と今更ながらに思ってみたり(/ω\*)

ちなみに3.5ミリだと、より握り易く2.6ミリより小振りな分手への収まりが非常に良いので現在は3.5ミリを愛用しております。

3.5ミリとか絶対無理だろこれwwwとか先入観バリバリだったのが本当恥ずかしい。
ネックの時もそうだったが若い時にいかに偏った考え方をしていたのか今になってよく解るようになった。
若さ故の・・・ってやつなんでしょうかねw

一枚千円近くするのでピックとしてはかなり高価な代物ではありますがchickenpicksかなりお薦めですぞ!!
ヨーグレットを削ってもchickenpicksにはならないからね?w

それではこの辺で
したっけ!ノシ

posted by いとまー at 22:04| Comment(6) | 使用機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

Stratocaster part2

お久しぶりです!いとまーです。
数日の間違うことを書こうとしていましたが文章がまとまらないので先にこちらを書こうかなと思います。
数時間かけても文章まとめられないとか本当に文才無いわー(苦笑

6月に2本目となるストラトを購入したのですが思うところあって詳細を伏せていましたが、改めて紹介したいと思います。

013502989b8cac3765f56664aaaf9ee5a108b51dc5.jpg

011d9000d97427a6555099e4850a8d68c8ceaac6a3_00001.jpg

01482526b6c1ab573fd0ad4f30a2141aeed9df1ecd.jpg

011c5a37a3603fa02263f18b83f772304e927d7bf7.jpg

G'Seven Guitars g7-ST Type2S "Vintage Blond w/Gold Hardware"

これが今回購入したギターとなります。調べられるとあっさり値段がバレてしまうので少し時間を置いていたんですがもういいや!w
補足しておくとG-Life Guitarsのblack lifeを手放し、残金を次の車の為の貯金に手をつけたうえでの購入でした。

そんな無茶をしてしまったくらい写真を一目見て惚れちゃったんですよね。
G'Seven Guitarsのストラトにもすごく興味があったので考える前に行動に起こしてしまってました。

スペックは指板がハカランダでネックがフィギュアドハードメイプル。
ボディが1Pアッシュでピックアップがヴァンザントのヴィンテージプラス、ブルース×2。
それとコントロール回路はg7オリジナル仕様となり、リアPUにも専用のトーンを設けられているのが特徴でしょうか。

自分が最初に手に持って驚いたのがネックでした。
確かYuary Guitarsのストラト買った時に驚く程自分の手にフィットしたことを書いたと思う。
G7のストラトはフィット感が全く同じで、且つポジション移動の際に手のひらに感じる木の感触が上質な布のようでシルクに指を這わせているかのようにスルスルと手のひらの上を滑っていくことに驚いた。

これが木の性質によるものなのか製作者様の技術なのかは自分には解らない。
そもそも知識が乏しいのでハードメイプルってくらいだから普通のメイプルより硬いのかなー?とか考えてるくらい残念な知識量だ!
それでも手に持ったときは本当に感動した!正直このネックだけでも購入したことに後悔は無いと言い切れる程自分にとって価値のあるネックだった。

音のほうも素晴らしく生鳴りがあまりにも気持ちよくって最初の数時間はアンプ(シミュレーターだけど)を通さずに弾いていたw
いざアンプシミュレーターを通して弾いてみて真っ先に頭の中に思い浮かべたのは北菓楼のバウムクーヘン「妖精の森」だった。
それまで100円か200円で売ってるようなものしか食べたことがなかった自分は口の中がパッサパサになる甘ったるい食べ物だと認識していて全然好きじゃなかったが、「妖精の森」を一口食べた時に全てを覆された。
しっとりとした食感と口に入れた時に広がる程よい甘みと素材の味がものすごく絶妙で、北海道を代表する銘菓の一つとして是非一度試していただきたい一品である!

話が大分逸れたがギターの話に戻ろうw
北菓楼のバウムクーヘンを思い浮かべたと書いたが、音はしっとりしている訳じゃなく逆にからっとしている。だってストラトですものw
どう言ったらいいのかな?乾いた音なんだけど必要最低限の水分は保っているというか、すごく音に艶があるのですよ。耳に音が入ってきたら気持ちよく音が広がっていって脳みそが蕩けちゃうような感じというか・・・。

俺ってなんでこんなに伝えるの下手なの?www

と に か く で す ね
めちゃくちゃ良いんですわ!(表現することを放棄した結果の言葉)

ちなみに写真で撮ると3枚目のように白っぽく写ってしまいますが、肉眼で見ると4枚目のような色合いになります。ゴールドパーツと相まって見てるだけでニヤニヤしてしまう綺麗なギターだなと大変気に入ってます!

G'Seven Guitarsさんのギターは気軽に買える値段ではないのかもしれないですが一つ一つのパーツから製作者様の熱意・こだわりがバシバシ感じられる、値段以上の満足感が得られるギターだと思います。
かなりお薦めです!

なんか文章めっちゃくちゃだけど本日はこの辺で!
文章上手くなりてーw

したっけ!ノシ
posted by いとまー at 23:53| Comment(4) | 使用機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

G-Life Guitars Degaussing processor / DP-G1

実は昨年、ほとんどギターを弾いていなかったくせに1つの機材を購入していた。
それがタイトルに書いたG-Life GuitarsのDP-G1という機材だ。

IMG_0538.JPG

一見するとコンパクトエフェクターのように見えるかもしれないが実はそうではない。
ギターのピックアップや電気回路に溜まっている不要な磁気を消磁して音の改善をしてくれる革新的なメンテナンスツール。ひどく簡単な説明だがそれがDP-G1なのである。

サイトはこちら↓
http://www.g-life-guitars.com/product/dp-g1/


使い方はいたってシンプルでギターとDP-G1をつないで消磁したいPUをセレクトしておきVolを7〜8くらいにしておいてDP-G1の電源入れてデガウスボタンを押す。
デガウスボタンの緑ランプが消えたら消磁終了!(だいたい1分程)

サイトの下の方にレビュー動画も貼られているのでそちらを見てもらえば手っ取り早く、多少判別しにくい部分もあるかと思うがそれでも数回見ていれば明らかに音が変わっているのが判るところが出てくると思う。

自分なりにDP-G1を表現するならば顔面パックみたいなものなんだと思っている。
顔面(ピックアップ)をパック(消磁)することによって不純物を取り除き、血流の改善(電流の改善)をすることによって皮膚に張り・艶(音に透明感・立体感)を出す・・・・・みたいな?

我ながら伝わらない説明だなとも思うが上手く書けないのがいとまークオリティ(苦笑)

d0026078_8495148.jpg

自分が使った感想は音を分子に例えると(伝わらない説明再び!)デガウス前は図の液体のように音が散らばっていてベチャっとしたような音だったのがデガウス後は図の個体のようにカチッと音がまとまってすっきりとした音に変化した。

またギターだけに限らずアンプやエフェクター、はたまたヘッドホンやスピーカーにも使えるのが凄い!
自分は主にギターとヘッドホンに使用しているがDP-G1無しじゃダメな身体になった(笑)


もしこの伝わりにくい記事をうっかり読んで興味を持っちゃった人はG-Life Guitarsのショールーム、もしくは島村楽器で定期的に開催されるG-Life Guitarsフェアの時にでも行って体験してみるといいかもしれない。

百聞は一見に如かず!
自分の耳で確かめるのが確実であり信頼性が高いのだから。

したっけ!ノシ
posted by いとまー at 21:39| Comment(0) | 使用機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする