2016年08月06日

Stratocaster part2

お久しぶりです!いとまーです。
数日の間違うことを書こうとしていましたが文章がまとまらないので先にこちらを書こうかなと思います。
数時間かけても文章まとめられないとか本当に文才無いわー(苦笑

6月に2本目となるストラトを購入したのですが思うところあって詳細を伏せていましたが、改めて紹介したいと思います。

013502989b8cac3765f56664aaaf9ee5a108b51dc5.jpg

011d9000d97427a6555099e4850a8d68c8ceaac6a3_00001.jpg

01482526b6c1ab573fd0ad4f30a2141aeed9df1ecd.jpg

011c5a37a3603fa02263f18b83f772304e927d7bf7.jpg

G'Seven Guitars g7-ST Type2S "Vintage Blond w/Gold Hardware"

これが今回購入したギターとなります。調べられるとあっさり値段がバレてしまうので少し時間を置いていたんですがもういいや!w
補足しておくとG-Life Guitarsのblack lifeを手放し、残金を次の車の為の貯金に手をつけたうえでの購入でした。

そんな無茶をしてしまったくらい写真を一目見て惚れちゃったんですよね。
G'Seven Guitarsのストラトにもすごく興味があったので考える前に行動に起こしてしまってました。

スペックは指板がハカランダでネックがフィギュアドハードメイプル。
ボディが1Pアッシュでピックアップがヴァンザントのヴィンテージプラス、ブルース×2。
それとコントロール回路はg7オリジナル仕様となり、リアPUにも専用のトーンを設けられているのが特徴でしょうか。

自分が最初に手に持って驚いたのがネックでした。
確かYuary Guitarsのストラト買った時に驚く程自分の手にフィットしたことを書いたと思う。
G7のストラトはフィット感が全く同じで、且つポジション移動の際に手のひらに感じる木の感触が上質な布のようでシルクに指を這わせているかのようにスルスルと手のひらの上を滑っていくことに驚いた。

これが木の性質によるものなのか製作者様の技術なのかは自分には解らない。
そもそも知識が乏しいのでハードメイプルってくらいだから普通のメイプルより硬いのかなー?とか考えてるくらい残念な知識量だ!
それでも手に持ったときは本当に感動した!正直このネックだけでも購入したことに後悔は無いと言い切れる程自分にとって価値のあるネックだった。

音のほうも素晴らしく生鳴りがあまりにも気持ちよくって最初の数時間はアンプ(シミュレーターだけど)を通さずに弾いていたw
いざアンプシミュレーターを通して弾いてみて真っ先に頭の中に思い浮かべたのは北菓楼のバウムクーヘン「妖精の森」だった。
それまで100円か200円で売ってるようなものしか食べたことがなかった自分は口の中がパッサパサになる甘ったるい食べ物だと認識していて全然好きじゃなかったが、「妖精の森」を一口食べた時に全てを覆された。
しっとりとした食感と口に入れた時に広がる程よい甘みと素材の味がものすごく絶妙で、北海道を代表する銘菓の一つとして是非一度試していただきたい一品である!

話が大分逸れたがギターの話に戻ろうw
北菓楼のバウムクーヘンを思い浮かべたと書いたが、音はしっとりしている訳じゃなく逆にからっとしている。だってストラトですものw
どう言ったらいいのかな?乾いた音なんだけど必要最低限の水分は保っているというか、すごく音に艶があるのですよ。耳に音が入ってきたら気持ちよく音が広がっていって脳みそが蕩けちゃうような感じというか・・・。

俺ってなんでこんなに伝えるの下手なの?www

と に か く で す ね
めちゃくちゃ良いんですわ!(表現することを放棄した結果の言葉)

ちなみに写真で撮ると3枚目のように白っぽく写ってしまいますが、肉眼で見ると4枚目のような色合いになります。ゴールドパーツと相まって見てるだけでニヤニヤしてしまう綺麗なギターだなと大変気に入ってます!

G'Seven Guitarsさんのギターは気軽に買える値段ではないのかもしれないですが一つ一つのパーツから製作者様の熱意・こだわりがバシバシ感じられる、値段以上の満足感が得られるギターだと思います。
かなりお薦めです!

なんか文章めっちゃくちゃだけど本日はこの辺で!
文章上手くなりてーw

したっけ!ノシ
posted by いとまー at 23:53| Comment(4) | 使用機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

新しきを知り古きを知る

どうもいとまーです。今回は前回の宣言通りにこの何年かで変化してきた音楽のことなどを書いていこうかと思います。

んじゃ早速この2〜3年の中で最もハマっているであろうバンドを2つ紹介。





どうやらラウド系というものにハマっているようです。
特にベガスを初めて知った時は衝撃がでかかった。何じゃこのバンド!って思ったのも束の間で何回かミュージックビデオ観てたらどハマリしました(笑)
曲が終わる頃には出だしがどんなんだったか思い出せなくなるくらい展開が変わっていくのはこのバンド特有のものだと思うんだけど今までこういうバンドに出会った事はなかったし知らなかったのですごく新鮮だった。
それとミュージックビデオで派手に動いているけど、実際のliveでもこんな感じなので観ていて楽しいし気分が上がるのがいい!

ノイズメーカーは骨太なリズム隊に軽快な歌メロが乗っかって純粋にカッコイイ!
確か札幌から出てきたバンドなんだけど、北海道からこんなにイカしたバンドが出てきたことが嬉しくてたまらない!ちょっと前にメジャー1stフルアルバムを出したんだけどこれがまた良いのよ!!

と、まぁ・・・この2つのバンドが胸熱なんですが以前と変わらずPUNKもしっかり聴いてますよ。
ただNo Use for a Nameのトニー・スライ氏の訃報を皮切りにknotlamp、EGG BRAINの活動休止。SECRET 7 LINEのSHINJI氏の訃報など、好きなバンドからの残念なお知らせが続いたのでいまいちノリきれないというか燻ってます。

後は昨年日本メタル界の大御所である聖飢魔Uやanthemが30周年ってことでかなり活発に活動されていたのでかなり影響受けてCD聴いてました。それとBABYMETAL最高!!(*´∀`*)

で、こっから本題に入るんですが(やっとかよ!)
新しいバンドからベテランバンドまで色々と聴いていて自分の中に変化があったんですよね。

前の記事にも書いたと思うけどギターに興味を持ったのが17歳の時でRockに目覚めたのも同時期なんですよ。目覚めたばかりの頃は手当たり次第に色々なバンドに手を出してRockを学ぼうとするんですが、そこはバイトもしていない学生だったのであれもこれもとCDを買えるわけもなく当然取捨選択を強いられるわけです。

当時の自分はインペリテリ、ハロウィン、ガンマ・レイ、ミスター・ビッグ等が好きでした。
挙げたバンドからなんとなく好きな系統が浮かび上がりますよね。早弾きだったりツインギターだったり(笑)
今でもそうなんだけどテンポ速くて派手なのにメロディがスッと入ってくるのがすごく好きみたいです自分。

逆に最初ちょっと手を出して直ぐ聴かなくなったのがヴァン・ヘイレンやレッドツェッペリン等。
正直な話、全然良さが解らなくって「どこが良いんだ?こんなもん!」と当時思ってました。
いやー若いというか青さ全開ですね(苦笑)
変化があったというのはこの事で、当時は全然受け入れられなかった音楽が20年経てようやく良さが解るようになりました。
あ!でもヴァン・ヘイレンに関しては好きじゃなかった時はサミー・ヘイガー時代だったし、良さが解るようになったはデイヴィッド・リー・ロスの方なんだよなぁ・・・(´Д`;)

しかしながら10代の頃って本当に思考回路が偏って酷い偏見でものを見てたんだなぁと最近よく思います。それとめちゃくちゃ天邪鬼だった(笑)
あまりにも有名なバンドやらギタリストとか敢えて聴かないようにしてたもんなぁ・・・アホだな自分。
例を挙げるならば、バンドならメガデス(キコが加入後に出したアルバム)この間初めてまともに聴きましたし、ギタリストで挙げるならマイケル・シェンカーやザック・ワイルドとかでしょうか・・・。
恐ろしい程有名どころ避けまくってて未だ聴いたことないの多すぎるぞΣ(´д`ノ)ノ
少しずつでも潰していけたらいいなぁ・・・

そういや好きなギタリストっていうのか憧れや興味を惹かれる人ってのも昔とは大分変わってきたような気がするな・・・時間があったら今度はその辺をざっくりと書いてみようかな?

恥を晒しつつ本日はこの辺で
したっけ!ノシ


posted by いとまー at 21:21| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

好きになるのに1秒もいらない!

どうもいとまーです。
タイトルにした言葉は某有名ハーフタレントが出演していた車のCMのキャッチコピーだったりするんですがとても良い言葉ですよね。

不倫じゃなければ!(苦笑

先日1本のストラトが増えた訳なんですがまさにこんな感覚でした。
現物を見ずに画像だけで惚れ込んで、手に入れた時には奇跡的な出会いだと思ってすらいたギターをあっさり手放してしまったくらいでしたから。

昨年ストラトを初めて手にした時から完全に自分の中の価値観とかギターに求めているものとか全てが塗り替えられた。
自分が「クリオネ」と呼んでいる最初の相棒は流石に売らなかったが、ストラトを手にして以来全く触っていない。

ギターに興味をもったのが確か17歳の時で当時は全くストラトを格好良く思えなくレスポールが大好きだった。
そんな自分が今ではストラト大好きっ子になっているのだから時の流れや好みの変化というのは解らないものである(笑)

好みの変化で思い出したが聴く音楽にも変化があったのを思い出したので次はその辺を書いてみようかな?
今回手に入れたギターの詳細は思うところあって少し時間を置いてから改めて書く予定である。

今回はただタイトルの言葉を言いたかっただけっていう(笑)

今日はこの辺で
したっけ!ノシ
posted by いとまー at 20:25| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする